ブラザー|S71-SL|CPE0001|ミシン修理|糸調子が急に悪くなる

Brotherミシン修理S71-SLの分解画像
ブラザー S71-SL(CPE0001)

【メーカー】
Brother

【機種】S71-SL(CPE0001)

【お問い合せ故障内容】
突然、糸調子が悪くなった
(長野県からのご依頼)

【実際の故障状況】
内釜不調
上糸抜けの悪さ
送り可動部の固着動作不良
内外の汚れ
ホコリ詰まり
動作音の高さ
オイル切れ
グリス劣化
金属酸化

【修理作業内容】
分解修理
フルメンテナンス
内外のクリーニング

日頃ユーザー様の方で出来るメンテは
針板を開け内釜を取り釜周辺のお掃除と注油です。
メンテナンスは「tetettaミシン教室ブ
ログ
」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積り
はこちら!

ブラザーミシン修理|CPE0001|S71-SL|異音がして縫えない

ブラザーS71-SL(CPE0001)のミシン修理
BrotherミシンS71-SL

【ブラザーミシン|CPE0001|S71-SL|東京都からの宅配ミシン修理】

布送りとボビンあたりからガッシャンガッシャンと異音がし
スピードを速めると縫えなくなります

そんなBrotherミシンS71-SL(CPE0001)の修理依頼を頂きました。

まず釜と針棒のタイミングが狂っており
釜や内釜の傷
上糸抜けの悪さ
糸調子のバランス不良
内外の汚れ
ホコリ詰まり
金属酸化
オイル切れ感などが確認出来ました。

内外の汚れ
動作音の高さなどもございまして
分解修理しながら
一通りメンテナンスをさせて頂き
組み立て後に磨きを掛けて
最終縫い動作チェックをおこない
無事に完治致しました!

今回の修理ポイントは
想定外なトラブルの有無と
程度状態でした。

CPEシリーズでも
長い時間縫い続けたり高速回転で使用し続けると
焼き付いてしまう事がございます。
速度は控えめにし休みながら縫いましょう。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166