A4500-MM|CPE0003|ブラザーミシン修理|プーリーが重くて回らない

ブラザーA4500-MM(CPE0003)

【メーカー】
Brother

【機種】
A4500-MM(CPE0003)

【お問い合せ故障内容】
プーリーが重くて回りづらい
(高知県からのご依頼)

【実際の故障状況】
回転軸メタルの焼き付き(上下2カ所)
オイル切れ
金属酸化
動作異音
動作音の高さ
内外の汚れ
釜の傷
内釜の傷
糸調子のアンバランス

【修理作業内容】
分解修理
フルメンテナンス
内外のクリーニング
釜&内釜研磨

【作業後記】
この症状は長時間連続して使用したり
高速回転で使い続けてしまうと起こりやすいので要注意です。

日頃ユーザー様の方で出来るメンテは
針板を開け釜周辺のお掃除と注油です。
メンテナンスは「tetettaミシン教室ブ
ログ
」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積り
はこちら!

ブラザーミシン修理|CPE0003|A4500-MM|動作が固くプーリーが回らない

ブラザーミシン修理分解画像A4500-MM(CPE0003)
Brotherミシン修理CPE0003

山梨県甲斐市からお持ち込みミシン修理のご依頼を頂きました
ブラザーコンピューターミシン A4500-MM(CPE0003)です。

突然止まりプーリーが回転しなくなってしまった
そんなミシンを修理させて頂きました。

オイル切れや金属酸化も影響しての
回転軸の熱膨張による焼き付き固着動作不良です。

他にも、糸調子不調、動作音の高さ、針前後位置の狂い、内外の汚れなどが確認できました。

一通りカバー類を分解しながら
メンテナンス修理をさせて頂きまして
無事に完治致しました!

CPEシリーズで多い故障は
はずみ車が回らない以外にも
布送りが悪い
返し縫いできない
針穴糸通し機故障
下糸が巻けない
糸立て棒破損などが代表的なトラブルです。

CPEシリーズなどで酷使しますと
焼き付き固着で動かなくなる事がございます。
長い時間の連続使用や高速回転での連続使用は控えて下さい。
ハードにご使用されます場合には
動作異音や動作の重たさを感じましたら
すぐにプロにご相談頂くのが最善だと思います。

日頃ユーザー様の方で出来るメンテは
針板を開け内釜を取り釜周辺のお掃除と注油です。
メンテナンスは「tetettaミシン教室ブログ」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166