職業用ミシン編

JUKIミシンの「SPUR」を例にメンテナンスポイントをご説明致します。

普段から針板を開けてのお掃除はされていらっしゃると思いますが
見える範囲内でホコリや糸クズを取り除きましょう。
自動糸切りモデルは糸クズが多くあるはずです。
は注油ポイントです↓

左の面板カバーも時々開けて
ホコリ等のお掃除と針棒への注油をしましょう。
上部の注油穴からだけでも構いませんが
使用頻度が高い方は直に綿棒などでミシンオイルを塗ってあげると良いです↓

上記以外は分解しないと出来ませんので
まずは背中側を下にしてミシンを寝かせ
のボルトを外して下さい。
メーカーや機種によりボルト本数は異なりますが
だいたい似たような感じです↓

手前と奥側にある下軸ですが
この赤部分も注油ポイントです↓
(反対の右側にもあります)

釜に針で当てた傷がある場合には
800番~1000番くらいのサンドペーパーを当てて
軽く擦って傷を滑らかにしましょう。
削った後はミシンオイルを塗っておいて下さい↓

この辺りの可動部も注油ポイントです↓

今度は上部になりますが
上部カバーを外す際は機種によってもコツがございます。
とりあえず注油ポイントだけご説明致しますと
やはり上軸の天秤可動部は全て注油ポイントになります↓

上部右側の注油ポイントですが
基板やベルトには注油しないで下さい。
基板の下には回転センサーがございますので
注油したりパーツ破損させたりしないようにしましょう↓

以上がJUKI SPURを例にしたセルフメンテナンスのポイントとなりますが
古い機種ですとボルトが固くて開けられないという事もございます。
そんな場合には無理せずに一度プロにお任せ下さい。

外した底カバーは洗ってしまうとサッパリしますよ。

最後に…オイルは「ミシンオイル」のみです。
手芸店やホームセンターで販売しておりますので簡単に入手できるでしょう。

 

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

衣縫人や糸取物語の注油ポイント

ミシンオイルの注油ポイント
ベビーロック衣縫人や糸取物語の注油ポイント画像

エアースルーパイプの詰まりが怖い為
衣縫人や糸取物語などは素人の方が注油するのは難しく
末長く気持ち良くご使用頂く為にも
高価なミシンでございますので
不具合を感じたらオーバーホールメンテに出されます事を
長い目でみて強く強くオススメ致しますが
日頃、おこなって頂きたい注油ポイントがございます。

画像の赤丸印で囲んだルーパーのストロークする棒に
綿棒に軽くミシン油を染み込ませ
撫でるように軽く注油して下さい。

ポイントは、たっぷりはNGです。
それから頻度は乾いたら塗る。

油を注すというよりも
撫で塗る感覚です。

ここは焼き付きガタツキが出る箇所なので
ぜひ日頃から撫で塗り注油をお願い致します。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

分解メンテナンスに出すサイクル

「どのくらいのサイクルでメンテナンスに出せば良いですか?」
「大事なミシンなので1年サイクルでメンテに出したいと思っているのですが」

↑のようなお問い合わせを頂く事が多々ございます。

わたくしの個人的な見解ですが
ミシン修理技術者としましては
定期的にメンテナンスに出す事も良いですが
「不具合を感じてからご相談下さい」
と、申し上げております!

「ミシン修理」=「メンテナンス」です。

もちろん職業用ミシンやロックミシンを
お仕事としてお使いになられている方が
年に一度、連休中や年末年始など
お仕事が無い時期にメンテに出される方もいらっしゃいます。

しかし、一般の方がご家庭内でご使用なされている範囲でしたら
不具合を感じた時にご相談頂く形で宜しいでしょう。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

シリコンスプレー

過去にお電話にて故障サポートをさせて頂いている際
「最後に注油を」とお願い致しましたら
「シリコンスプレーしか無いのですが、良いですか?」
というご返答を頂きました。

シリコンスプレーではダメです。
注油の代わりにはなりません。

シリコンスプレーを修理時に使用するケースはございます。
ですが注油としては利用致しません。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

ミシンに注油(グリスUP)は必要?不要?

「取説には注油不要と書いてあるけれど」
そんなお問い合わせを頂く事がございます。

ミシンは機械ですので
間違いなく必ず注油(グリスUP)が必要になります。

当サイトのミシン修理日報ブログをご覧頂けましたら
油切れやグリスの劣化・固着による不具合が多い事をご確認頂けるかと思います。

ご使用者様にできる注油箇所はモデルによって異なり少ないのですが
釜周辺のお掃除後の軽い注油は時々行なってあげて下さい。

水平釜であれば内釜の変磨耗や動作音の高さも防げますので。

内部のグリスUPは分解しないと行えませんので
専門家にお任せ下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

ミシンに食用油はNGです

食用油(サラダ油等)は
ぜったいに注油しないで下さい、絶対です。

過去に何台かサラダ油やオリーブオイル、ごま油を
注油されてしまったミシンを拝見した事がございますが
場合によっては修復不可となってしまいますので。
どうぞご注意下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

針穴糸通し機の注意

色々な式の自動針穴糸通し装置がございます。

曲っている針や規格外の針
100円均一などの粗悪品はもちろんNGですが
9番の細い針での自動針穴糸通し機の使用は絶対にNGです。

各取説に記載されてはいるのですが
お読みになられていないでご使用頂いている事がございます。

そもそも9番の針は家庭用では
レギュラーサイズではないと思っております。

それから針と糸のバランスを重要で
細い針に太い糸のアンバランスもダメです。

糸通し機は一度おかしな使い方をするだけで壊れ
壊れると修理しないと戻りませんので注意が必要です。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

水平釜の内釜止め

修理ブログの方で良く出てまいります言葉ですが
水平釜の内釜の周り止めの変形や位置ズレによって
内釜が回ってしまい故障に繋がります。

ご自身で弄られるには、ある程度の知識が無いとダメですし
モデルによって弄りにくいものもあるのですが
内釜止めは内釜に掛る量が少し多い方が
不慮の故障を未然に防げる事が多い気がします。

とはいえ、内釜止めを上げ過ぎると上糸抜けが悪くなりますし
糸抜け時の音が高くなってしまうのですが…。

生地を針板内に食い込ませたり
糸を釜に絡めてしまった後は
内釜止めの位置をチェックしてみると良いです。
位置ズレ、変形してしまっている可能性がございますので。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

水平釜の内釜研磨

ミシンの内釜
水平釜ミシンの内釜(ボビンケース)

水平釜ミシンをお使いのお客様から…
「針折れ後にシャカシャカガタガタと異音がする」
というお問い合わせ頂きます。

多くの場合、内釜(黒いプラスチックのボビンケース)に
傷が出来てしまっている事でしょう。

小さく見難い画像で申し訳ございませんが
左が針で開けてしまった複数の傷のある釜で
それを400~800番くらいのサンドペーパーで
軽く研磨して滑らかにした画像(右)です。

これだけで、ある程度まで異音は抑えられます。

内釜は消耗部品ではございますが
画像のような結構酷い傷跡でも致命傷ではございませんので
研磨してあげる事で、まだまだご使用頂けます。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

メーカーによる差

「初心者にお勧めなメーカーは?」
「パワーのあるメーカーは?」
「縫い目が綺麗なメーカーは?」
といったお問い合わせを頂く事がございますが
もちろん各メーカーの特色はございます。
メーカー差で感じますのはデザインでしょうか。

ただし、パワーとか縫い目とかはメーカー差よりも
やはりモデル差で判断すべきでして
メーカー差だけでは比較検討できないかと思っております。

実用縫いミシンでは、JUKI、ジャノメ、ブラザー
(フルサイズで実売価格5~7万クラス以上のミシン)

刺繍機能内蔵ミシンなら、ブラザー

職業用ミシンなら、ジャノメorJUKI

ロックミシンなら、ベビーロック(ジューキ)orJUKI

私の個人的には見解では↑かなと。

それから良いミシンはそれなりのお値段は致しますが
お値段なりの性能、機能、精度があり
耐久性もお値段なりです。

初心者様こそ安価なコンパクトミシンではなく
シッカリとした実用型ミシンでないと
上手くミシンを使えずにソーイングが嫌いになってしまうはずです。

何事も「最初が肝心」です。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166