amable SP-150|モデル806型|ジャノメミシン修理|エラーで縫い進まない(東京都から)

ジャノメミシン修理amableSP-150
ジャノメミシンSP-150

【JANOMEミシン|amable|SP-150|model806|東京都からの宅配ミシン修理】

エラーで縫えなくなってしまった

そんなJANOMEミシンamable SP-150の修理依頼を頂きました。

釜と針のタイミングの狂いの他
釜や内釜の傷
内釜留めの位置ズレ
天秤の糸絡み
針棒左右動の固さ
動作の重さ
糸調子不良
内外の汚れ
オイル切れ
金属酸化
ボルトの紛失
底足ゴムの紛失

修理しながら一通りメンテナンスをし
磨き上げてから縫い動作チェックをおこない
無事にメンテナンス修理が完了致しました。

今回の修理ポイントはエラーの原因でした。
どうしてもコンパクトミシンは無理をして負荷を掛けてしまった際
釜ズレやタイミングの狂いが生じてしまうので
無理し過ぎず、速度も落とし気味で縫いましょう。

釜のお掃除は取説にも記載されている事ですので
小まめに開けてホコリ除去した方が良いです。
その際に軽く注油すると良いですが
ティッシュにミシン油を浸み込ませ
それで釜や内釜を拭く感じで程度でOKです。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

ジャノメミシン修理|amable SP-150|806型|糸絡み

ジャノメミシン修理分解画像(amable sp-150)

【JANOMEミシン修理|amable SP-150|806型|山梨県南アルプス市からのお持ち込みミシン修理】

「ご依頼内容」

  • 糸が絡んでしまった
  • 一通りメンテチェックを

「実際の不具合」

  • 天秤周辺の糸絡み
  • 釜と針の干渉
  • 基線位置の狂い
  • 自動糸通し不調
  • 金属酸化
  • オイル切れ&グリス劣化
  • 釜傷
  • 糸巻きクラッチ不調

「修理作業内容」

  • 各種調整分解修理
  • 釜研磨
  • メンテナンス

「ミシン修理作業後記」
ミシンの糸絡みは人為的なヒューマンエラーから起こる事が多く、やはり糸掛けやボビンの巻き方や入れ方などは、確実に出来るようにマスターして頂きたく思います!ちょっとした事で大きなトラブルに発展してしまうのは非常に勿体無いので。

「tetettaみしん工房」の無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166