ジャノメES-7のミシン修理|MODEL662|電気は点くが動かない(山梨県からのご依頼)

ジャノメES-7のミシン修理分解画像
JANOMEミシン修理モデル662型

ランプは点くけど急に動かなくなってしまった
そんなジャノメミシンES-7(model662)をお持ち込みにて
山梨県内から修理のご依頼をいただきました。

電子基板不良
モーター不良
スイッチ不良
等が原因として考えられる症状ですが
今回はモーターカーボン不良でした。

他にも気になる点が複数ございまして
釜や内釜の傷
針前後位置の狂いによる釜と針の干渉
動作音の高さ
糸調子の違和感
内外の汚れなどです。

一通り分解しながらメンテナンス修理をさせて頂き
全て無事に完治致しました!

ES-7系統で多い故障は
糸立て棒破損
下糸が上がらない
目飛びする
プーリーが固くて回らない
上糸通し機故障
などが代表的なトラブルです。

日頃ユーザー様の方で出来るメンテは
針板を開け内釜を取り釜周辺のお掃除と注油です。
メンテナンスは「tetettaミシン教室ブ
ログ
」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積り
はこちら!

ES7|MODEL662型|ジャノメミシン修理|正常に縫えない(東京都から)

ジャノメES7のミシン修理
JANOMEミシン修理分解画像MODEL662型

【JANOMEミシン修理|ES7|MODEL662型|東京都からの宅配ミシン修理】

≪お問い合せ症状内容≫
糸調子不良があり
今は縫えない状態

≪実際に確認できた故障内容≫
タイミングの狂い
可動部の固着動作不良
ステッチ切り替え動作不良
送り不調
釜、内釜、針板の傷
針基線位置の狂い
糸抜け不良
糸調子不調
動作音の高さ

他にも細かい部分で気になる点がございまして
少々手こずり手間取ってしまいましたが
修理しながら一通りメンテナンスさせて頂き
なんとか無事にミシン修理させて頂く事が出来ました。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166