HS-85DX|767型|ジャノメミシン修理|目飛びする

JANOMEミシン修理HS-85DX(767型)
ジャノメミシンHS-85DX

【ジャノメミシン|HS-85DX|千葉県からの宅配ミシン修理】

目が飛ぶようになってしまいました
ほぼ毎日使っています
ときどき下糸を引き出せなくなります
厚い物を縫って針を折った時にタイミングがずれてしまったのかと思います

そんなジャノメ職業用ミシンHS-85DXの修理依頼を頂きました。

釜と針のタイミングが狂っており
釜ズレも起こしていて
釜の傷も結構大きくございました。

内外の汚れ
ホコリ詰まり
糸絡み
オイル切れ
金属酸化
糸抜け不良
糸調子違和感
下糸巻き違和感
動作音の高さ
動作異音

分解修理となり
カバー類は全て洗浄し
内部のメンテナンスと外装磨き
最終縫い動作チェックをおこなって
無事に終了致しました!

今回の修理ポイントは
釜の状態と他に不具合があるのかどうか
それから頻繁にご使用頂いていらっしゃるご様子でしたので
本体の程度状態の心配でした。

職業用でタイミングが狂わせてしまう場合
かなりの負荷を掛けてしまったと思われ
特に速度を出して高負荷を掛けるとズレる可能性が高くなりますので
速度は控えでご使用頂く事が
熱膨張による焼き付きの事を考えてもベストです。

職業用ミシンの場合
釜付近のお掃除と指定箇所の注油
それから釜の注油は重要ですので
必ず普段からおこなって下さい。

修理費の無料お見積りはこちらから!

※お電話でのお問い合せもお気軽に!→055-233-8166

@日頃出来るセルフメンテは針板を開け釜周辺のお掃除と注油です。
メンテ方法は「tetettaミシン教室ブログ」をご覧下さいませ。

ジャノメミシン修理|HS-85DX|メンテナンス(香川県から)

ジャノメHS-85DXのミシン修理
JANOMEミシン修理分解画像HS-85DX

【ジャノメミシン修理|HS-85DX|香川県からの宅配ミシン修理】

≪お問い合せ症状内容≫
一通りメンテチェックを

≪実際に確認できた故障内容≫
内部のホコリ汚れ
釜部の糸絡み
釜の傷
ボビンケースの違和感
糸抜け不良
金象酸化
動作音の高さ
糸巻き軸ピン変形

分解しながら一通りメンテさせて頂き
無事にメンテナンス修理させて頂く事が出来ました。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166