SINGERミシン修理|monami NU|SC-100|下糸が上がらないので縫えない

monamiNU/SC-100/SINGER/ミシン修理
SINGERミシン修理分解画像(monami NU SC-100)

【シンガーミシン修理|モナミヌウ|SC-100|長野県上伊那郡のミシン修理】

「ご依頼内容」

  • 下糸が掬えず縫えない

「実際の不具合」

  • タイミングの狂い
  • 糸調子不調
  • 釜の傷
  • 針基線位置の狂い
  • オイル切れ感
  • 金属酸化
  • 糸抜け不良

「修理作業内容」

  • タイミング修正
  • 糸調子修正
  • 釜研磨
  • 基線修正
  • 各種調整分解修理
  • メンテナンス

【ミシン修理作業後記】
下糸が掬えず縫えないのは釜と針棒のタイミングの狂いで、その原因は、厚地縫い時の無理か薄地縫い時の食い込み負荷による事が多いです。モナミヌウもわりとタイミングが繰りやすいので、厚地縫いや段差を登る時、薄地縫いの食い込みには細心の注意を払って縫ってあげて下さい!

「tetettaみしん工房」の無料お見積りはこちら!
※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

シンガーミシン修理|モナミヌウ|SC-100(スタートボタンがグリーンランプに変わらない)

シンガーミシン修理/モナミヌヌウ/SC-100
SC-100 monaminu SINGERミシン修理分解画像

【SINGERミシン修理|モナミヌウ|SC-100|神奈川県綾瀬市のミシン修理】

症状

・スタートボタンが赤いままで
グリーンランプに変わらず縫い出せない

詳細はお客様に直接ご説明させて頂きますが
押えレバーセンサースイッチの破損で
押えレバーを下げてるにも関わらず
上がっている状態と認識され
縫い出す事が出来ない状態でした。

他にも…
内外の汚れ
オイル切れ
グリス劣化
動作音の高さ
それから糸調子が非常に悪くて
その対処には少々手間取りました。

細かい部分で気になる点は他にもございましたが
修理しながら一通りメンテさせて頂き
少々手こずりましたが
現状、特に大きな問題も無く
きちんとミシン修理させて頂けました。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料見積りはこちらをクリック!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166