MCS-900|JUKIカバーステッチミシン修理|目飛び(和歌山県から)

JUKIカバーステッチミシン修理MCS-900
JUKIカバーステッチミシンMCS-900

【JUKIカバーステッチミシン|MCS-900|和歌山県からの宅配ミシン修理】

久しぶりにカバーステッチミシンを使ったところ糸飛びして全然縫えません

そんなJUKI MCS-900の修理依頼を頂きました。

押えレバーと糸調子機が連動していないので
一切糸調子が取れず縫えない状態で
タイミングのズレもございまして
また、金属酸化やくすみ、汚れなどで糸抜けが大変悪くなっており
まともに縫える状態ではございませんでした。

オイル切れ
動作異音
動作音の高さ

一通り分解メンテナンス修理させて頂き
組み立て後に外装を磨き
縫い動作チェックをおこない
大変手こずってしまいましたが
なんとか無事に完治致しました。

今回の修理ポイントは
故障原因と本体の程度状態でした。

カバーステッチは目飛びとの戦いです^^;

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

JUKIミシン修理|MCS-900|糸が切れて縫えない

JUKJIカバーステッチMCS-900のミシン修理

【JUKI|MCS-900|埼玉県からの宅配ミシン修理】

≪お問い合せ症状内容≫
糸が切れて縫えない

≪実際に確認できた故障内容≫
作業前のチェックでは
ルーパー取り付けボルト紛失
ルーパーの傷
糸抜け不良
動作異音が確認出来ました。

オイル切れ
金属酸化
動作の重さ
糸調子不調
動作音の高さ

分解修理しながら一通りメンテさせて頂き
少々手こずりましたが
なんとか無事にミシン修理させて頂けました!

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166