682型|ジャノメミシン修理|返し縫いできない、ジグザグしない、糸立て棒破損(茨城県から)

ジャノメ682のミシン修理
JANOMEミシン修理分解画像682型

【JANOMEミシン修理|682型|茨城県からの宅配ミシン修理】

≪症状≫
返し縫いできない
ジグザグしない
糸立て棒破損

≪修理作業内容≫
内外の汚れ
オイル切れ
グリス劣化
金属酸化により
正常に動作出来ない状態で
送り切り替えや模様切り替えも固着しておりましたし
動作も重めで
動作音も高く
糸調子不調
糸通し機故障などもございました。

糸立て棒は加工修正させて頂き
他にも気になる点は細かい部分で色々とございましたが
修理しながら一通り分解メンテナンスさせて頂き
少々手間取りましたが
無事にミシン修理させて頂く事が出来ました。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166