ブラザーミシン修理|A1100|CPV7110|ミシンが落下して使えなくなってしまった(山梨県からのご依頼)

ブラザーA1100のミシン修理分解画像
BrotherミシンCPV7110

山梨県からお持ち込みミシン修理のご依頼を頂きました
BrotherコンピューターミシンA1100(CPV7110)です。

お子様が電源コードに足を引っかけてしまい
高さ90センチくらいのテーブルから落下し
糸立て棒が折れて針位置も大きく左にズレて縫えなくなってしまった
そんなミシンを修理させて頂きました。

非常に大変な修理作業になりまして
糸立て棒は交換すれば良いだけですが
プーリーに強い衝撃が加わってしまった為
上軸が左にズレているので
回転センサーや針棒周辺のパーツが全て位置ズレして
正常に機能しない状態でした。

他にもプラスチックパーツの破損が2~3カ所確認ができ
糸調子に悪影響が出る状況でしたのと
モーターもズレてベルトが外れてしまっておりました。

外装破損が糸立て棒の破損と針位置の狂いだけでしたので
重症ではないように感じられましたが
分解して中をチェックしましたら大変な状態でしたが
加工修正しながら一通りメンテナンス修理をさせて頂きまして
なんとか全て無事に完治致しました。

CPV7110シリーズで多い故障は
プーリーが固くて回らない
布送りしない
下糸巻きが出来ない
水平糸立て棒の破損
針穴糸通しができない
糸調子が悪い
目飛びする
などが代表的なトラブルです。

日頃ユーザー様の方で出来るメンテは
針板を開け内釜を取り釜周辺のお掃除と注油です。
メンテナンスは「tetettaミシン教室ブ
ログ
」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積り
はこちら!