ブラザーミシン修理|CPS43|NS301|返し縫いができない(愛知県から)

ブラザーCPS43のミシン修理
BrotherミシンNS301

【ブラザーミシン|NS301|CPS43|愛知県からの宅配ミシン修理】

返し縫いのみができません
あとは普通に動きます

そんなBrotherミシンNS301(CPS43)の修理依頼を頂きました。

返し縫いのみの不良という事でしたので
返し縫いスイッチ不良だと思いましたが
一般的にはスタートストップボタンも一緒に不良になる事が多い為
スイッチ以外の原因も想定しておりましたが
やはり返し縫いのみのトラブルでは無く
直線の送り目は荒く
それ以外のステッチで返しが入る模様は全て全滅で
その原因は送り可動部の固着動作不良です。

上軸の熱膨張からくる動作不良も少し出始めており
内外の汚れ
ホコリ詰まり
オイル切れ
グリス劣化
金属酸化
糸抜け不良
糸調子違和感
針穴糸通し機故障なども確認出来ました。

分解修理しながら
一通りメンテナンスをさせて頂き
組み立て後に磨きを掛けて動作チェックをおこない
無事に完治致しました!

今回の修理ポイントは
送り不良では無いかとは思っておりましたが
スイッチに問題があるのかどうかと
後は本体の程度状態でした。

このシリーズは
長い時間縫い続けたり
高速回転で使用し続けると
焼き付いてしまう事がございます。
速度は控えめにし
時々休みながら縫いましょう。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166