シュプール25SP|TL-25SP|JUKIミシン修理|糸掛け破損、分解メンテナンス

SPUR25SPのJUKIミシン修理

【JUKI|SPUR25SP|TL-25SP|埼玉県からの宅配ミシン修理】

糸掛けフックが破損して無くなっており
その影響なのか綺麗に縫えない時がある
そんなJUKIの職業用ミシンSPUR25SPの修理依頼を頂きました。

内外の汚れが強く
ホコリ詰まりや糸絡み
オイル切れ
グリス劣化
動作音の高さ
糸掛けフックの破損が確認出来ました。

釜の傷もあって研磨し
糸調子不調はボビンケースと糸調子機のバランス不良なので調整し直し

全体的にオイル切れで不足していて
このまま使用し続けていると焼き付くだろうと思われる状態でした。

一通り分解してカバー類は全て洗浄し
注油やグリスアップなどのメンテナンス
組み立ててから外装を磨き
最終縫い動作チェックをおこなって
無事に完治致しました!

JUKIだけに限らず
他のメーカーの職業用ミシンでも
針の所にある糸掛けが破損しやすいのですが
破損したままだと正常に縫えませんのでご注意下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

MO-114D|JUKIミシン修理|分解メンテナンス

MO-114DのJUKIロックミシン修理

【JUKI|MO-114D|埼玉県からの宅配ミシン修理】

一度一通りメンテナンスを!
そんなJUKIのロックミシンMO-114Dのメンテナンス修理のご依頼頂きました。

まず縫ってみると普通には縫えますが
糸調子が悪いし
動作重めで
動作音の高くてスムーズでは無いですし
金属酸化や汚れの影響で糸抜けが悪いです。

一度一通り分解してカバー類は全て洗浄し
注油などのメンテナンスをして
最後に組み立ててから外装の磨きをし
最終縫い動作チェックをおこない無事に終了致しました!

このMO-114シリーズは
ルーパーのタイミングの狂いによる目飛び故障修理依頼が時ございますが
生地を噛んだり
糸をルーパーに絡ませたりした時に
ガクッとズレる事があるのでご注意ください。

また、オイル切れをおこした状態で長時間高速で縫うと焼き付きますので
最低でもメーカー指定箇所への注油は絶対に怠らないようにして下さい。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

HZL-20Z|Liza20Z|JUKIミシン修理|はずみ車が回らず縫えない

HZL-20ZのJUKIミシン修理

【JUKI|Liza20Z|HZL-20Z|東京都からの宅配ミシン修理】

はずみ車が回せず針を下ろすことができない。
近所の修理店に出したところギヤ破損で修理不可能で戻ってきた。

そんなJUKI家庭用ミシンHZL-20Zの修理依頼を頂きました。

お問い合せ内容からも
釜ギヤ破損で針が釜に当たって回らないと想定しておりました。
が、拝見してみても釜ギヤ破損はございません。
ならば上軸か下軸ギヤの破損なので
ちょっと厄介だな…と思いながら更に分解しましたが
どちらもギヤに問題がございません。

ギヤ割れ…という診断が誤診断だとしたら
はずみ車が回らない原因は1つだけ。
やはり糸巻きクラッチに故障原因があり
装置自体がなぜか大きく歪んで縫いモード時でも
糸巻きモードと同じ状態になってしまっていたので
これでははずみ車は回りません。

内外の汚れ
グリス劣化
金属酸化
などの使用感や経年感も強く
糸調子にも問題があり
針基線位置の狂いや
送り動作不良
それからテンションバネ破損も確認出来ました。

カバー類を全て分解し
一通りメンテナンスをさせて頂き
組み立て後に外装磨きを掛けて
最終チェックをおこない無事に完治致しました!

今回のミシンは釜ギヤ破損がございませんでしたが
わりと釜ギヤ破損による修理依頼が多いミシンで
もし釜が回らないので縫えない…という故障がございましたら
ほぼ間違いなく釜ギヤ破損と断定できます。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

Echo|model6180|SINGERミシン修理|糸調子不調、糸絡み

Echo6180のシンガーミシン修理

【SINGER|Echo|model6180|三重県からの宅配ミシン修理】

縫う時にカタカタカタという異音がし
下糸の調子が悪く
糸を噛むことがよくあります。
そんなSINGER家庭用ミシンEcho6180の修理をご依頼頂きました。

上糸調子の効きが非常に悪く
テンションバネの動きの悪さ
タイミングの狂いによる目飛び
針基線位置の狂いがございまして
内外の汚れ
グリス劣化
金属酸化
オイル切れなどの経年感も強く感じる状態でした。

一通り分解して洗えるものは全て洗浄し
メンテナンスをしてから組み立てて艶出しをし
最後に縫い動作チェックをおこなって無事に完治致しましたが
一般的な調整では上手く縫えないミシンでした。

わりと頻繁にギャザー寄せされるミシンという事で
糸調子ダイヤルに負荷が掛かったのかもしれませんが
釜と針のタイミングの狂いは関係がございません。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

JF780|jasmine|ジャノメミシン修理|糸絡みで縫えない

JF780のジャノメミシン修理

【JANOME|jasmine|JF780|大阪府からの宅配ミシン修理】

下糸を入れるところに糸が入り込み縫えなくなりました。
板を開けて入り込んだ糸を取り埃をとったり
下糸が少なくなっていたからかな?と思い
それも巻き直してやったのですが直りません。

そんなJANOME家庭用ミシンJF780の修理をご依頼頂きました。

タイミングがズレて目飛びする状態でしたし
内釜留めは板バネがめくれて歪んでおり
天秤部の糸絡み
針前後位置や基線位置の狂い
動作異音などが気になる状態でした。

恐らくご使用中に負荷が掛かっての事だと思われますが
厚地を無理して引っ張りながら強引に縫ったり
薄地を針穴に巻き込んでしまったりした時に
今回の様な故障に繋がりますのでご注意ください。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166