BERNINA製RICCARミシン修理|ベルニナ170|針棒が上下しない、送りが悪い(長野県諏訪郡から)

リッカーミシン修理ベルニナ170
BERNINAミシン修理画像BERNINA170

本日のミシン修理は長野県諏訪郡からお持ち込み修理のご依頼を頂きました
リッカーコンピューターミシンのベルニナ170です。

事前にお問い合せ頂いておりました故障内容は
針棒だけが上下動せず縫えない。
布送りが悪い。
そんな症状のあるミシンを修理させて頂きました。

リッカーミシンの修理ベルニナ170
BERNINAミシン修理の分解画像リッカーベルニナ170

針棒が上下しないのは針棒クラッチの固着動作不良で
フリーの状態固まり付いていたのでロックしてくれない状態でした。

送りの問題は送り歯の高さが低く
ステップモーターの固さもあって正常に動作せず
そして押え圧の掛かりも悪い状態でした。

内外の汚れ
内釜の小傷
動作音の高さ
上糸抜けの悪さ
糸調子不調
他にも細かい部分で気になる点はございましたが
一通り分解メンテ修理をさせて頂きまして
組み立て後には外装のクリーニングもおこないました。

最終縫い動作チェックをおこないまして
縫い目も綺麗で動作音も静かになり無事に完治致しました!

今回の修理ポイントは
針棒が上下しなくなった故障原因
送りの状態
本体の程度状態
電気系統や液晶画面などの想定外なトラブルの有無でした。

ベルニナ170シリーズで多い故障は
布送りが悪い
糸調子が悪い
動作が重い
糸通し機故障
通電するが動かない
などが代表的なトラブルです。

日頃ユーザー様の方で出来るメンテは
針板を開けて中釜を取り
釜周辺や送り周辺のお掃除と注油です。
メンテナンスは「tetettaミシン教室ブログ」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166