ハスクバーナミシン修理|エメラルド122|動作が固く重く正常に動かない(東京都からのご依頼)

ハスクバーナエメラルド122のミシン修理分解画像
HasqvarnaミシンEmerald122

東京都から宅配ミシン修理のご依頼を頂きました
HUSQVARNA EMERALD122です。

昨年からのマスク制作でさすがに疲れが出ているのか
ペダルを踏んでも急に動きが重くなってきてしまいました
そんなミシンを修理させていただきました。

オイル切れやグリス劣化、金属酸化からくる動作不良で
その動作不良のまま使用し続けた事による焼き付きで
かなり固く重くなってしまっておりました。

内外の汚れも大変強く出ており
直線がメインでご使用なさっていらっしゃるご様子で
直線以外の針棒が横に振れるステッチは固着して動かず
またボタンホールに関しましては正常に動作しません。
ホコリ詰まりや糸絡み
釜の傷
動作音の高さ
糸調子のアンバランス
上糸抜けの悪さなども確認できました。

少々手こずり手間取りましたが
一通り分解メンテナンス修理をさせて頂き
無事に完治させていただけました。

ハスクバーナエメラルドシリーズで多い故障は
目飛びする
針が釜にあたって折れる
はずみ車が固くて回らない
布送りしない
糸調子が悪い
自動糸通し機故障
下糸が巻けない
などが代表的なトラブルです。

メンテナンスなどは「tetettaミシン教
室ブログ
」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積り
はこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166