ミシン修理|ハスクバーナ|バイキング|エメラルド122|動作が重い、返し縫いができない(神奈川県からのご依頼)

ハスクバーナミシンの画像
Husqbarnaミシン修理

少し前から返し縫いの時に異音がするようになり
釜を掃除しましたが直らずその後も徐々に悪化
現在は使用時は常に異音がして返し縫いが重くステッチ幅が短い状況です
そんなHusqvarna Viking Emerald122の修理を
宅配にて神奈川県からご依頼いただきました。

ハスクバーナバイキングエメラルド122のミシン修理分解画像
Husqvarna viking Emerald122ミシン修理

内外共に使用感や経年感が少々強く出ておりまして
オイル切れや繰り劣化、金属酸化などで動作が重い状態でした。

返し縫いの問題は模様切り替え可動部の動作不良が起因しており
正常なステッチが縫えない状態の影響で
返し縫いや送り切り替えのトラブルが出てしまっておりました。

送り歯の低さ
中釜の小傷
上糸抜けの悪さ
糸調子違和感
動作音の高さ
内外の汚れ

固着が強めで少々手こずり手間取りましたが
分解しながら一通りメンテナンス修理をさせていただき無事に完治致しました。

エメラルドシリーズで多い故障は
はずみ車が固くて回らない
糸絡み
糸切れ
布送りが悪い
目飛びする
綺麗な縫い目が出ない
などが代表的なトラブルです。

メンテナンスなどは「tetettaミシン教
室ブログ
」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積り
はこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166