SINGERミシン修理|new Minx 2670|糸調子が悪い(山梨県から)

シンガーミシン修理ニューミンクス2670
SINGERミシンNewMinx2670

【SINGERミシン|NEW MINX 2670|山梨県からのお持ち込みミシン修理】

糸調子が悪い

そんなシンガーミシンニューミンクス2670の修理依頼を頂きました。

上糸調子機不良
釜や内釜、針板の傷
糸抜け不良
内外の汚れ
ホコリ詰まり
動作音の高さ
オイル切れ
グリス劣化
金属酸化
針基線位置の狂い
糸通し機故障

一通り分解メンテナンス修理をさせて頂き
少々手間取りましたが
組み立て後にチェック&磨きを掛け
無事に完治致しました!

今回の修理ポイントは
本体の程度状態と故障原因でした。

Minxの2660や2670では
オイル切れやグリス劣化などによる動作不良が見られます。
経年によるもので分解メンテナンス修理で完治致しますが
長年放置されたミシンに見られる事も多いので
定期的にご使用頂く方が良いでしょう。
ただし経年症状でもございますので
いつかは症状が出てしまい避けては通れません。

動作重さを感じたら
下手に触らずにご相談下さいませ。
重くなってから慌てて注油しても改善しません。
カバー類を分解しての
メンテナンス修理しないとダメです。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166