S6060|モデル751型|ジャノメミシン修理|送り歯が逆送りになる(京都府京都市から)

ジャノメミシン修理S6060
JANOMEミシンS6060

京都府京都市から宅配ミシン修理のご依頼を頂きました
ジャノメ電子ミシンS6060(モデル751型)です。

布送りが逆になってしまっていて
返し縫いボタンを押すと生地が正常に送られる
そんな症状のあるミシンを修理させて頂きました。

ジャノメミシン修理の分解画像S6060(751型)
JANOMEミシン修理分解画像S6060

長年ご使用されていなかった事が原因と考えられまして
オイル切れやグリス劣化、金属酸化などにより
可動部固着で全体的に動作不良を起こしており
特に模様切り替えカムの固着が強くて正常に切り替えられず
その影響で送り動作が逆になってしまっておりました。

他にも動作の重さ
動作音の高さ
動作異音
上糸の抜けの悪さからくる糸調子不調
糸通し機不良
内外の経年汚れなどもございました。

一通り分解メンテナンス修理をさせて頂きまして
組み立て後に外装のクリーニングもおこなっております。

最終縫い動作チェックをおこない
縫い目も綺麗で動作音も静かになり
無事に完治致しました!

今回の修理ポイントは
不調の原因
本体の程度状態
電子基板不良などの想定外なトラブルの有無でした。

751シリーズで多い故障は
プーリーが固くて回らない
布送りが悪い
糸通し機故障
糸調子が悪い
下糸が上がらない
コードリール不調
などが代表的なトラブルです。

日頃ユーザー様の方で出来るメンテは
針板を開け内釜を取り釜周辺のお掃除と注油です。
メンテナンスは「tetettaミシン教室ブログ」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

Lafailia5550|JANOMEミシン修理|751型|返し縫いしない、縫い目調節出来ない(三重県から)

ジャノメミシン修理Lafailia5550
ジャノメ751型

【ジャノメミシン|Lafailia5550|751型|三重県からの宅配ミシン修理】

布送りできない
返し縫いできない
糸通し故障
一通りメンテナンスを

そんなジャノメミシンLafailia5550の修理依頼を頂きました。

送り切り替えの固着
返し縫い切り替えの固着
下糸巻き故障
糸通しフック破損
釜の傷
内外の汚れ
オイル切れ
グリス劣化
金属酸化
針板の陥没
ホコリ詰まりや糸絡み
糸調子不調
動作音の高さ

分解修理しながら
一通りメンテナンスとクリーニングをさせて頂き
外装の磨きと
最終縫い動作チェックをおこない
無事に完治致しました!

今回の修理ポイントは
故障原因は固着だと想定できましたので
その固着具合と
あとは本体の程度状態
それから他に想定外な不具合があるのかどうかでした。

このLafailia5550系統で多い故障は
殆どが経年感によるものですが
返し縫いしない
ジグザグしない
送り目調節出来ない
模様が切り替えられない
糸通しが通らない
縫い目が汚い
下糸が上がらず縫えない
コードリール故障
↑が代表的ですが修理で完治できる事が殆どです。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

アデッソ2|CPS72|ブラザーミシン修理|ボタンホールが作れない

アデッソ2のブラザーミシン修理

【Brother|ADESSOⅡ|CPS72|東京都からの宅配ミシン修理】

ボタンホ-ルが出来ない
ボタンホ-ルの用具を付けて縫っても同じところを行き来したり
片側だけで左へ行かない
前から少し厚地の物は動かなかった

そんなブラザー家庭用ミシンCPS72アデッソ2の修理依頼を頂きました。

まず使用感が非常に高く
過剰なホコリ詰まりや糸絡み
内外の汚れが確認出来まして
オイル切れやグリス劣化
金属酸化などの経験感も強く出ておりました。

これだけの使用感があるミシンですと
送り歯が下がっている事が多く
歯はそんなに消耗しておりませんでしたが
やはりかなり低くなってしまっており
その影響で布送りが大変弱くはなっておりましたので
当然ながら厚地縫いは縫えなくなります。

また自動糸切りもカッターの切れ味不良
糸切り可動部へのホコリ詰まり
押え板ブラシの紛失などで切れませんでした。

ボタンホールの不良はセンサーレバーの接触不良もございましたし
上記の送り歯の低さも原因ではございましたが…
送りステップモーターのギヤが大きくズレて狂ってしまっており
実はボタンホール以外の全てのステッチが正常に縫えない状態で
送り目調節も効かない状態で
それが一番の原因でございました。

釜と針棒のタイミングの狂いによる目飛び
コードリールの不調
動作異音
動作音の高さ
他にも細かい部分で色々とございました。

一通りカバー類を分解してから全て洗浄し
注油やグリスアップのメンテナンスをさせて頂き
組み立て後に磨きを掛けて最終チェックをおこない
大変手間取りましたが何とか無事に完治致しました!

アデッソなどのCPS72シリーズは
酷使すると焼き着いて動かなくなる事がございます。
動作が重くなってきたな~と感じてきたら
その時点で分解メンテナンス修理に出しましょう。
重くなったまま使用し続けるのは良くないので。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166