F250-J|JUKIミシン修理|下糸が上手く出ない、異音(山梨県甲州市から)

JUKIミシン画像F250-J
JUKIミシンF250-J

山梨県甲州市からお持ち込みミシン修理のご依頼を頂きました
JUKIコンピューターミシンF250-Jです。

厚手のものをぬいましたら針が折れ
それから下糸がうまく出ないようになり縫えません。
変な音もします。
そんな症状のあるミシンを修理させて頂きました。

JUKI F250-Jのミシン修理分解画像
JUKIミシン修理F250-J

釜ギヤが破損してしまったかもしれないと心配しましたが
釜ギヤは破損しておらず
その釜ギヤ部と針棒部でタイミングが狂ってしまっており
プーリーも廻しにくく重い状態で
糸通し機もズレていて通らず
釜も内釜も傷が入り
針基線位置も狂ってしまっておりました。

他にも糸調子の不安定さ
動作音の高さ
自動糸切りの違和感
内外の汚れなどもございました。

細かい部分で気になる点は他にもございましたが
一通りメンテナンス修理をさせて頂き
最終縫い動作チェックをおこない無事に完治致しました!

今回の修理ポイントは
破損パーツの有無
本体の程度状態
想定外なトラブルの有無でした。

JUKIのFシリーズで多い故障は
プーリーが回らない
布送りが悪い
糸通し機故障
異音がする
自動糸切りが切れない
釜が回らない
などが代表的なトラブルです。

日頃ユーザー様の方で出来るメンテは
針板を開け内釜を取り釜周辺のお掃除と注油です。
メンテナンスは「tetettaミシン教室ブログ」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!