イノヴィスM200|EMU17|ブラザーミシン修理|糸絡み、自動糸切りが切れない(山梨県西八代郡から)

ブラザーミシンの画像イノヴィスM200
BrotherミシンInnovis M200

山梨県西八代郡からお持ち込みミシン修理のご依頼を頂きました
ブラザーコンピューターミシンInnovis M200(EMU17)です。

糸絡みと自動糸切り不良
そんな症状のあるミシンを修理させて頂きました。

ブラザーイノヴィスM200(EMU17)のミシン修理分解画像
Brotherミシン修理Innovis M200

まず内外の汚れが強く
ホコリ詰まりや糸絡み
釜や内釜の傷
針と釜の干渉
基線位置のズレ
糸切りカッターの切れ味不良
押え板ブラシ欠損
上糸抜けの悪さや引っ掛かり
糸調子不良
動作音の高さなどが確認できました。

オイル切れ
グリス劣化
金属酸化なども確認でき
一通り分解メンテナンス修理をさせて頂きまして
外装のクリーニングまでおこない
最終縫い動作チェックをしまして
スムーズに動作し縫い目も綺麗で糸切りも切れるようになり
無事に完治致しました!

今回の修理ポイントは
糸切り不良の原因
糸絡みの原因
本体の程度状態
その他、想定外なトラブルの有無でした。

EMUシリーズで多い故障は
プーリーが回らない
布送りが悪い
糸通し機故障
自動糸切りが切れない
動作異音異音がする
糸調子が合わない
下糸が巻けない
下糸が上がらず縫えない
などが代表的なトラブルです。

このEMUシリーズで酷使しますと
焼き付き固着で動かなくなる事がございます。
長い時間の連続使用や高速回転での連続使用は控えて下さい。

日頃、ユーザー様の方で出来るメンテは
針板を開け内釜を取り釜周辺のお掃除と注油です。
メンテナンスは「tetettaミシン教室ブログ」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166