ヌーベルクチュール|TA3-B626|ブラザーミシン修理|糸調子不良、引っ掛かり(埼玉県鶴ヶ島市から)

ブラザーミシン画像ヌーベルクチュール
BrotherミシンNouvelleCouture

埼玉県鶴ヶ島市から宅配ミシン修理のご依頼を頂きました
Brother職業用ミシンNouvelleCouture(TA3-B626)です。

上糸の調子が悪く糸調子機を分解してからますます調子が悪くなってしまった
下糸の方も縫い終わり糸を引き出す時に位置が悪いと引っかかる
そんな症状のあるミシンを修理させて頂きました。

ブラザーヌーベルクチュールTA3-B626のミシン修理分解画像
Brotherミシン修理ヌーベルクチュール

まず糸調子の件ですが
上糸調子テンションバネが変形してしまっており
また組み立て方が間違っておられましたし
糸抜けも悪く
釜の傷やボビンケースの引っ掛かりなどが確認出来ました。

オイル切れやグリス劣化により動作も重めで
糸巻き軸ディクラッチも固着しており
ドロップフィードツマミも固着して動かず
動作音も高めで内外の汚れも強くございました。

細かい部分で気になる点は他にもございましたが
一通り分解メンテナンス修理をさせて頂きまして
少々手間取りましたが
正常に動作し縫い目も綺麗に出るようになり
なんとか無事に完治致しました!

今回の修理ポイントは
糸調子不良の原因
糸調子ダイヤルの状態
本体の程度状態
その他、電気系統のトラブルの有無でした。

ヌーベルクチュールシリーズで多い故障は
通電しない
通電しても動かない
下糸が巻けない
糸が切れる
糸が絡む
動作が重い
などが代表的なトラブルです。

日頃、ユーザー様の方で出来るメンテは
針板を開け内釜を取り釜周辺のお掃除と注油です。
メンテナンスは「tetettaミシン教室ブログ」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!