ミシン修理|ブラザー|SOREIL120E|EMU1901|糸調子が悪くて綺麗な縫い目が出ない

ブラザーソレイユ120eの画像

糸調子が悪く
大きくバランスを崩さないと綺麗な縫い目にならない
ブラザーソレイユ120e(EMU1901)の修理を
大阪府から宅配にてご依頼いただきました。

ブラザーEMU1901のミシン修理分解画像

上糸調子機の不調
釜や内釜の傷
上糸抜けの悪さ
金属酸化
オイル切れ
自動糸切りカッターの切れ味不良
動作音の高さ
ホコリ詰まり灸絡みなどの内外の汚れ
などが確認できました。

一通り分解しながらメンテナンス修理をさせていただき無事に完治致しました。

EMU19などのソレイユシリーズで多い故障は
はずみ車が固くて回らない
布送りしない
自動糸切りで糸が切れない
糸通しで上糸が通らない
糸調子が悪い
目飛びする
糸が釜に絡む
下糸が巻けない
などが代表的なトラブルです。

日頃ユーザー様の方で出来るメンテは
針板を開け内釜を取り釜周辺のお掃除と注油です。
メンテナンスは「tetettaミシン教室ブ
ログ
」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積り
はこちら!