ジャノメ|Monaze E2000(503型)|ミシン修理|糸通し故障、分解メンテナンス|tetettaみしん工房

ジャノメモナーゼE2000の分解メンテナンス修理
JANOME Monaze E2000

糸通し機が壊れている
一度一通り分解メンテナンスを
そんなJANOMEミシン モナーゼE2000(モデル503)の修理を
広島県から宅配にてご依頼いただきました。

糸通し機はフックの変形破損ですが
他にも多々気になる点がございまして・・・
内外の強い汚れ
底足ゴムの欠損によるガタツキ
針基線位置の狂い
送り歯が下がっている
動作の重さ
動作音の高さ
上糸抜けの悪さ
釜、内釜、針板の傷
糸調子のアンバランス
オイル切れ
グリス劣化
金属酸化

気になる点を修理しながら
一通り分解メンテナンスさせていただきまして
すべて無事に完治いたしました。

Monazeなどの503型シリーズで多い故障は
動作が重い
動作異音がする
布送りが悪い
返し縫いができない
目飛びする
針が釜に当たる
糸通し機故障
手元スイッチの反応が悪い
下糸が巻けない
などが代表的なトラブルです。

日頃ユーザー様の方で出来るメンテは
針板を開け内釜を取り釜周辺のお掃除と注油です。
メンテナンスは「tetettaミシン教室ブ
ログ
」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積り
はこちら!