ジャノメ|ミシン修理|COSTURA800DB|分解メンテナンス|神奈川県からのご依頼

ジャノメコスチューラ800DBのミシン修理分解画像
JANOME COSTURA800DB

不調なので一通り分解してフルメンテチェックをして欲しい
そんなJANOME職業用ミシン COSTURA800DBの修理を
神奈川県から宅配にてご依頼いただきました。

内外の強い汚れ
釜の傷
動作の重さ
動作音の高さ
ボビンケース不調
糸調子のアンバランス
針板留めネジ不良
オイル切れ
グリス劣化
金属酸化
ホコリ詰まりや糸絡み
糸巻き軸バネ不良
などが確認できました。

一通り分解メンテ修理しながら隅々までクリーニングさせて頂き良い状態に復活いたしました。

コスチューラシリーズで多い故障は
プーリーが固くて回らない
布送りしない
糸調子が悪い
目飛びする
通電するが動かない
下糸巻きができない
押えレバーが下がってしまう
などが代表的なトラブルです。

コスチューラシリーズのご使用注意点は
針板横の開閉扉が破損しやすいので取扱注意!
使用ボビンは規格サイズを!
縫い速度は控えめに!

日頃ユーザー様の方で出来るメンテは
針板を開け内釜を取り釜周辺のお掃除と注油です。
メンテナンスは「tetettaミシン教室ブ
ログ
」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積り
はこちら!