Innovis C61|CPS05|Brotherミシン修理|縫うと異音がして止まってしまう

イノヴィスC61のブラザーミシン修理

【ブラザー|イノヴィスC61|CPS05|徳島県からの宅配ミシン修理】

スタートを押して少しすると
右のほうからガガガガと大きな音がして止まってしまう

そんなブラザーミシンInnovisC61(CPS05)の修理依頼を頂きました。

幾つかの原因がございまして
まずは糸カセット機構の動作不良ですが
これは金属酸化やホコリ汚れなどが原因で
正常に上糸のセットが出来ない状態でした。

それからモーターベルトの緩みにるガタツキです。

他にも…
内外の強い汚れ
ホコリ詰まりや糸絡み
針前後位置の狂いによる釜と針の干渉
糸調子不調
自動糸切り不調

今回のトラブルは基本的には
使用過多と経年感、メンテ不足から起こっている故障です。

カバー類を分解して洗浄し
注油やグリスアップなどのメンテナンスをしてから組み立てて
縫い動作チェックをおこない無事に終了致しました!

このシリーズは糸カセットの扱い方次第で故障させてしまう事がございます。
糸カセット入れ込む際は必ず絶対に
電源を入れてチェックランプがグリーンの時にのみ入れ込んで下さい。
チェックランプが消えている時やレッドの時に入れようとしてはダメです。
無理やり押し込むと分解修理しないと2度と上糸が掛けられなくなってしまいます。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166