ジャノメミシン修理|Rutina ST 4450|電気は点くが動かない(東京都府中市からのご依頼)

ジャノメミシン修理ルティーナST4450

【JANOMEミシン|ルティーナST4450|東京都府中市からの宅配ミシン修理】

通電するが動かない
他にも気になる点がある
そんな症状のあるミシンを修理させて頂きました。

電子基板不良
押えホルダー破損
送り目調節ダイヤル固着
針基線位置のズレ
内外の強い汚れ
ホコリ詰まり
糸絡み
釜や内釜の傷
下糸巻きテンションバネ欠損
上糸抜けの悪さ
糸調子不調
動作音の高さ
動作異音
などが確認出来ました。

分解修理しながら
一通りメンテナンスクリーニングをさせて頂き
外装の磨きと最終縫い動作チェックをおこない
少々手こずり手間取りましたが
なんとか無事に完治致しました!

今回の修理ポイントは
動かない故障原因と
本体の程度状態
そして他の不具合状況でした。

このルティーナ系統で多い故障は
殆どが経年感によるものですが
返し縫いしない
ジグザグしない
送り目調節出来ない
模様が切り替えられない
糸通しが通らない
縫い目が汚い
下糸が上がらず縫えない
コードリール故障
↑が代表的なトラブルです。

今回の「通電するけど動かない」という症状の場合は
手元スイッチ不良
モーター不良
センサー不良
電子基板不良が考えられますが
簡単な事から一つずつ消去法で原因を特定してまいります。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166