ミシン修理|ブラザー|SEINSIA100SN|CPV7201|糸立て棒が折れた、分解メンテナンス

ブラザーセンシア100SNの画像

キャリーケースに入れて移動しているときに糸立て棒を破損させてしまった
そんなBrotherコンピューターミシンSENSIA100SN(CPV7201)を
お持ち込みにてご依頼いただきました。

ブラザーCPV7201のミシン修理分解画像

糸立て棒の破損だけの問題ではなく
プーリが少し右側から左側に押されてしまって上軸がズレており
その影響で色々なところにガタツキと軽微な破損が…^_^;

釜の傷
釜と針の干渉
内外の汚れ
糸巻き案内の変形
動作異音
糸調子不調

一通り分解メンテナンス修理をさせて頂き全て無事に完治致しました。

CPVシリーズなどで多い故障は
プーリーが固くて回らない
布送りしない
返し縫いできない
下糸が巻けない
水平糸立て棒の破損
糸通しで糸が通らない
糸調子が悪い
目飛びする
スイッチの接触不良
などが代表的なトラブルです。

日頃ユーザー様の方で出来るメンテは
針板を開け内釜を取り釜周辺のお掃除と注油です。
メンテナンスは「tetettaミシン教室ブ
ログ
」をご覧下さいませ。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積り
はこちら!