ジャノメミシンが壊れた|Plaire18[643型]の修理例(東京都から)

ジャノメPlaire18の修理画像

【JANOMEミシンの故障 プレール18(MODEL643型)の修理内容とは】

【お問い合せ内容】
全体的に経年による不調が目立ちます
最後に使った時から7,8年経っています
その間に注油等のメンテナンスは行っておりません
返しがボタンが効きません
通電はしますが、フットペダルが効きません
糸通しガイドの針が曲がっています
ハンドルの手回しで縫うことはできました
ガーゼや薄布でも縫い後に目立った系飛びや乱れはなかったです

【実際の故障状況】
モーターカーボン不良
送り切り替え固着動作不良
模様切り替え固着
ジグザグ振り幅固着
オイル切れ
グリス劣化
金属酸化
釜や内釜、針板の傷
内外の強い汚れ
ホコリ詰まり
折れた針などの異物混入
動作の重さ
動作音の高さ
動作異音
糸調子不調
糸通し機故障

【修理作業内容】
分解修理
メンテナンス
クリーニング
各種調整
傷類の研磨
モーター修正

【作業後記】
東京都から宅配修理にてご依頼いただきましたジャノメPlaire18(643型)です。
わりと使い込んでから放置されたと思われる状態で
強めの使用感と経年感によるトラブルが多々出てしまっておりました。
とはいえほぼ全て想定の範囲内の故障で
細かいトラブルは他にもございましたが
一通り分解しながらのフルメンテフルクリーニング修理にて
全て良い状態に復活させていただけました!

修理費の無料お見積りはこちらから!

※お電話でのお問い合せもお気軽に!→055-233-8166

@日頃のメンテ方法は「tetettaミシン教室ブログ」をご覧下さいませ。

☆当店のGoogleクチコミレビューはこちら→★★★★★