EXCEL20|627型|JANOMEミシン修理|動きが悪い、下糸が上がらない

エクセル20(627)のジャノメミシン修理

【ジャノメ|エクセル20|627型|静岡県からの宅配ミシン修理】

動作が重い
下糸が上がらず縫えない

そんなジャノメ家庭用ミシンEXCEL20(627型)の修理依頼を頂きました。

まず、上軸と下軸のタイミングが狂っていて
下糸が上がりませんし
針と送りのタイミングも真逆なので布を送る事すら出来ません。

模様選択ボタンは固着により押せないボタンがあり
針基線ダイヤルの狂っていて
送り切り替えダイヤルも固着して正常に切り替わりません。

糸通し機はピン破損故障。

フットコンコードの破損。

内外の強い汚れ
ホコリ詰まり
糸絡み
動作音の高さ
動作異音
内釜の傷
糸抜け不良
糸調子不調
本体内部の異物
ボルト紛失
糸調子ダイヤル固着動作不良

一通りカバー類を分解してから洗浄し
注油やグリスアップのメンテナンスをさせて頂いてから組み立てました。

外装の磨きと最終チェックをおこない
全て無事に完治致しました!

エクセル20(627)はグリス劣化固着やオイル切れによる故障が多いのですが
これは経年トラブルなので仕方がございません。
全て分解してメンテナンス修理する事により復活致しますが
下手にセルフ分解修理をされてしまうと
直せなくなってしまう事がございますのでご注意くださいませ。

またこのエクセルシリーズで下糸が上がらず縫えない場合の殆どが
使用過多によるホコリ詰まりから発展してタイミングが狂う事が多いので
ハードユースされる方は釜部のお掃除を頻繁にしましょう。

それから模様選択ボタンと他のダイヤル類を操作する時は
必ず針が最上位置にある時に
しかも静止している時におこなって下さい。
針が最上位置に無い時や動作中に操作してはNGです。
もちろん返し縫いボタンだけは操作OKですが。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166