HZL-9800|JUKIミシン修理|糸巻き不良、糸通し不調、糸切れ(神奈川県から)

HZL-9800のJUKIミシン修理
JUKIミシンHZL-9800

【JUKIミシン|HZL-9800|神奈川県からの宅配ミシン修理】

下糸巻きができない
自動針穴糸通しができない
すぐに糸が切れる

そんなJUKIミシンHZL-9800(1989年発売 定価¥235.000円)の修理依頼を頂きました。

糸巻きはクラッチの固着とピンの変形

糸通し機はフックの変形破損と高さ位置の狂い

糸切れは釜の傷、ボビンケース違和感、糸抜け不良

内外の汚れが非常に強く
動作も大変重い状態で
ホコリ詰まり
糸絡み
オイル切れ
グリス劣化
金属酸化
動作音の高さ
動作異音
ボタンホール違和感
コードリール不調

それから特有の針棒クラッチのゴムブッシュ摩滅で
模様縫い時に針が折れてしまう症状も出ておりました。

一通り分解してカバー類は全て洗浄し
メンテナンスと外装磨き最終縫い動作チェックをおこない
少々手間取りましたが無事に完治致しました!

今回の修理ポイントは
このHZL-9800や9900、AT-2800や3800の場合
下軸ギア破損があるかどうかが一番のポイントで
あとは基板不良によるトラブルが出ているのかどうかです。

このシリーズの自動糸調子は上糸が弱めなので
手動で上糸調子を強くしてあげると良いでしょう。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166