分解メンテナンスに出すサイクル

「どのくらいのサイクルでメンテナンスに出せば良いですか?」
「大事なミシンなので1年サイクルでメンテに出したいと思っているのですが」

↑のようなお問い合わせを頂く事が多々ございます。

わたくしの個人的な見解ですが
ミシン修理技術者としましては
定期的にメンテナンスに出す事も良いですが
「不具合を感じてからご相談下さい」
と、申し上げております!

「ミシン修理」=「メンテナンス」です。

もちろん職業用ミシンやロックミシンを
お仕事としてお使いになられている方が
年に一度、連休中や年末年始など
お仕事が無い時期にメンテに出される方もいらっしゃいます。

しかし、一般の方がご家庭内でご使用なされている範囲でしたら
不具合を感じた時にご相談頂く形で宜しいでしょう。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

シリコンスプレー

過去にお電話にて故障サポートをさせて頂いている際
「最後に注油を」とお願い致しましたら
「シリコンスプレーしか無いのですが、良いですか?」
というご返答を頂きました。

シリコンスプレーではダメです。
注油の代わりにはなりません。

シリコンスプレーを修理時に使用するケースはございます。
ですが注油としては利用致しません。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

ミシンのセルフ修理(セルフ分解)

ミシンの型式にもよりますが
素人の方でも簡単に分解してメンテできる部分と
知識とコツが必要な分解部分が存在します。

針板は当然ですが
ランプカバーや釜底カバーなどは
比較的、簡単に分解してお掃除や注油が出来ますが
それ以上は基本的には自己責任となりまして
モデルによっては隠しネジ的なものも存在し
分解する時は簡単でも
いざ元に戻す時にはコツが必要なものもございます。

ある一定以上のセルフ分解は覚悟が必要でして
専門家的にはセルフ分解後の中途半端な状態からの修理は
非常に厄介で嫌います。

良く拝見しますのは
ボルトが無かったり
ボルトが緩んだままだったり
所定の位置に取り付けられていなかったり。

それが原因で更に悪化してしまう事も多々。

一定以上のセルフ分解は自己責任でお願い致します。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166