分解メンテナンスに出すサイクル

「どのくらいのサイクルでメンテナンスに出せば良いですか?」
「大事なミシンなので1年サイクルでメンテに出したいと思っているのですが」

↑のようなお問い合わせを頂く事が多々ございます。

わたくしの個人的な見解ですが
ミシン修理技術者としましては
定期的にメンテナンスに出す事も良いですが
「不具合を感じてからご相談下さい」
と、申し上げております!

「ミシン修理」=「メンテナンス」です。

もちろん職業用ミシンやロックミシンを
お仕事としてお使いになられている方が
年に一度、連休中や年末年始など
お仕事が無い時期にメンテに出される方もいらっしゃいます。

しかし、一般の方がご家庭内でご使用なされている範囲でしたら
不具合を感じた時にご相談頂く形で宜しいでしょう。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

シリコンスプレー

過去にお電話にて故障サポートをさせて頂いている際
「最後に注油を」とお願い致しましたら
「シリコンスプレーしか無いのですが、良いですか?」
というご返答を頂きました。

シリコンスプレーではダメです。
注油の代わりにはなりません。

シリコンスプレーを修理時に使用するケースはございます。
ですが注油としては利用致しません。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

ミシンの保管方法

あまり長い期間使用しない事はオススメ致しません。
通電させる事が電気系統のメンテナンスともいえますし
動作させる事でグリス類や可動部のメンテナンスにも繋がります。

保管する際は
押さえレバーを下げて湿気の強くない
そして直射日光の当たらない室内に保管して下さい。
乾燥し過ぎてもダメですし、屋外はもちろん
物置等での保管もNGでございます。

使う機会を最低でも半年に1度程度は作ってあげて下さい。

あとはお子様にイタズラされないように
ワンちゃんやネコちゃんにかじられないような場所で保管して下さい。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166

エアーダスター

専門業者ではエアーコンプレッサーでミシン内部のホコリを吹き飛ばしますが
一般のご家庭でコンプレッサーをお持ちの方は少ないかと思われます。
缶スプレー式のエアーダスターをお使いになられている方が多い事でしょう。
当店でも出張修理時に使用しております。

このエアーダスターで注意しないといけないのが
噴霧の仕方で缶内部の液が吹き出てしまう事があり
それが錆に繋がってしまい兼ねません。

基本的にミシンのお掃除は
ピンセットや綿棒、掃除機(細ノズル)等で
おこなえる範囲が宜しいでしょう。

過剰な汚れは専門家に一通り分解して
オーバーホールメンテして貰わないとダメなんです。

「tetettaみしん工房」のミシン修理無料お見積りはこちら!

※お電話でのお問い合わせもお気軽に!→055-233-8166